ブロックチェーンは世の中を変えるか

http://thebridge.jp/2018/04/blockchains-big-potential-in-africa

最近、iHubの話を聞かなくなったが、大きな動きがあると聞いている。
ブロックチェーンやその他の技術革新の話から、汚職撲滅へと大きな話が話されている。方向性としてはその通りで、技術革新により、egovなどができて汚職は減るであろう。

今の話は、但し人の心がついていくことができた場合だ。ルワンダで2015年ビットコインを使えばジンバブエその他で多用されるようになるかもしれないと筆者は述べた気がするが、そんなに簡単な話ではないようだ。

寧ろ、キャッシュポイントにすべきは、別のところにありそうだ。ローテク。アフリカの方々が、今まで仕事の分業でセグメントになっていた不効率を如何にバーティカルにつなぎ合わせるか。そのあたりの方が遥かに効果が出やすい。新しい技術に振り回されてはいけない現実がある。

ウーバーは、人工知能で立ち上がったわけではない。最新技術で勝ち上がったわけではない。Air BnBも同様だ。寧ろ、熱狂する人々とのつながりで、勝ちあがることができ、広めることができたのだろう。

勿論、最新技術で湧き上がるのは無理もないことだ。しかし、勝ち上がった企業だけがそうした最新技術を試して、普及させていくことができるのだ。順番を忘れてはならない。勿論、投資をしてもらうことはできる。しかし、投資は、株主にジョインしてもらうだけで、儲けではない。

ブロックチェーンが大事なわけではなく、人と人との思いの方が遥かに大事で、優秀な人材を獲得するためには、大きなビジョンが大事だ。その時に、最新技術の理解と、その将来的な使用の見込みを伝えることは間違いないだろう。そして、その技術を使用することも可能だ。しかし、人と人とのつながりをベース(これはローテク)に、最新技術が使われるのであって、最新技術をベースに人との関係が構築されるわけではない現実には直視すべきであろう。

要素技術の理解は、非常に重要なものになる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中