豊田通商(カメルーン)

http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/150615_002839.html

カメルーンの面白さは以下の通り、英語圏と仏語圏が混ざっているところ。

http://blog.goo.ne.jp/nbote/e/18e98e55f3633a9a0d5bb254053c2f8f?fm=entry_awp

法律システムも特徴的。OHADAが採用されているのに、コモンロー的なところもあると聞いている(ここは定かではない)。

英語圏とフランス語圏が混ざっているという多様性は、ビジネスをするときにここの人を使えば、英語でもフランス語でもできるかもしれないです(必ずしも全員が話せるわけではなく一部の人なのだと思います)。人口2000万人です。

豊田通商の狙いは、フランスから攻めるということなのかなとおぼろげに分かってきました。カメルーンを押さえれば、確かに面白いかもしれません。流石豊田通商です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中