Ohada弁護士会設立とプライド

Ohada弁護士会が設立されるようです。パリ弁護士会が手伝ってますね。そうした動きに現地の弁護士が反発してます。植民地の再来と。

パリ弁護士会にとって進出の手がかりになるというのも理解できます。

アフリカにとってどちらがいいか分かりません。17カ国をまとめきれる人材がいたのでしょうか。

利権等もありまとまらないかもしれません。

しかし、そうした懸念をよそにやはり、現地の判断を重視すべきと思います。今回はccja(最高裁判所のようなもの)の所長がパリ弁護士会に依頼したとのことですが。

難しいですね。

http://www.jeuneafrique.com/235530/economie/pierre-olivier-sur-ce-projet-nest-pas-celui-du-barreau-de-paris/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中