コートジボワールと最近の汚職改善

尊敬する岡村元コートジボワール大使(国際連合日本政府次席代表)のブログに記載の通り、コートジボワールには汚職がある。

http://blog.goo.ne.jp/zoge1/e/2753552194df8785cd73642710584827

http://blog.goo.ne.jp/zoge1/e/4d159f7426dbb9b3a30bbfdebd2f0b8f

裁判所にも汚職があることは述べた。

参考資料として、http://www.onuci.org/pdf/rulesrapport6.pdf

現在のコートジボワールの政府も無為に過ごしているわけではない。

NGOトランスぺアレンシー・インターナショナルによると、2014年32ポイントの115位となっている。なお日本は76ポイントの15位に位置し、1位はデンマーク92ポイントとなっている。

コートジボワールは、2012年2月14日にアフリカ連合腐敗防止対策条約を批准した。また、2012年10月25日に国連腐敗防止条約を批准している。上述のNGOトランスぺアレンシー・インターナショナルによると2012年29ポイント、2013年27ポイントとなっている。世界銀行の汚職対策についての指標では、2005年においては6.6ポイント、2010年においては10.5ポイント、2011年16.6ポイント、2012年20.6ポイント、2013年23.4ポイントと2010年の内戦以前の指標と以降の指標と比較すると改善していることが窺われる。

ワタラ大統領になって、少しずつだが希望が持てるようになったことを素直に喜びたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中