アフリカで何をやるか。

ないないづくしのアフリカ。マイナスのスタート。ネタがない。よく聞くことだ。

攻めあぐねている。それは我々のフィールドではないから当然だ。

金城さんはコートジボワールで内戦(3000人の死者が出た)の時にビジネスをしていた。口座を凍結された。キャッシュフローがどんなに大変だったか想像できない。

フットファーストしかない。とにかくやってみるしかない。一獲千金はほかのアフリカ人に任せ、彼らが気づかない方法で地道に差をつけるしかない。周りに神経を尖らせ、かつ、パートナーに利益が行くように心がける。パートナーやメンバーに嫌われたら仕事はできない。

アイデア出しを怠らない。生き残る為なのだから、迷いは無くなる。

特に資金的余裕がある時の方が、大切だ。正しい判断は余裕がある時の方がしやすい。スタッフも気が緩みやすい時なのでマネジメントが難しいかもしれない。

仕掛けて備えること、周りに利益になるシステム作りをすること、自分はこれを心掛けたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中